通販型自動車保険は保険料の節約に

通販型自動車保険は、多くの場合において代理店型自動車保険に比べて
保険料が安くなります。

 

実際に年間に2万から4万ほど安くなることが多いです。

 

自動車保険を見直すだけで、大きな節約になるので通販型自動車保険は活用
することをおすすめします。

 

ここでは、通販型自動車保険の特徴などを説明しています。

通販型自動車保険について記事一覧

通販型自動車保険とは、近年登場した新しいタイプの自動車保険です。新しいのは内容ではなく、販売方法です。これまで自動車保険と言えば、ディーラーや保険代理店などを介して販売されるのが一般的でした。しかし通販型自動車保険は、保険会社と契約者が直接取引をする形になるのです。ディーラーなどを介さずダイレクトに取引が行えるので、ダイレクト保険と呼ばれることもあります。通販型自動車保険は安いことで有名ですが、安...

通販型自動車保険の特徴とはどういった部分なのでしょうか。まずなんと言っても特徴的なのはその販売方法です。従来自動車保険と言えば代理店などの仲介がなければ契約することができませんでした。しかし通販型自動車保険は、そういった代理店などを介さずに保険会社と契約者が電話やインターネットを使うことで直接取引することができるという画期的な方式をとっているのです。このことにより仲介手数料や人件費を抑えることがで...

通販型自動車保険のメリットは何と言っても保険料が安いことです。今まで自動車保険はディーラーなどが代理店となって契約を行うシステムをとっていました。そのため保険会社は代理店に仲介手数料を払う必要があり、それを加味して保険料が割高に設定されているのです。ですが通販型自動車保険は代理店を介さず直接取引ができるシステムなので、このような手数料が必要ありません。その結果保険料を安く設定することが可能となって...

ダイレクト型自動車保険とは、代理店を介さずに保険会社と直接取引して契約できるタイプの自動車保険のことです。従来自動車保険というのは代理店を介して契約するものでした。ところが間に代理店をはさむことにより、保険会社は代理店に手数料を払わなければいけなくなります。その結果保険料の金額にはこの手数料が上乗せされているのです。代理店がなければこの手数料分はカットすることができますよね。そのためダイレクト型自...

代理店型自動車保険の特徴は、何と言っても対面でアドバイスを受けられることです。今人気なのは通販型自動車保険です。通販型自動車保険は、代理店を介さず直接取引ができるため中間マージンが発生せず、その分保険料が安く設定されているというところが一番の理由と言ってよいでしょう。通販型自動車保険はダイレクト型自動車保険とも言います。人の顔を見ずに契約できてしまうため、一種の煩わしさがないのもまた理由のひとつか...

自動車保険のリスク細分型は、リスクの少ない契約者の保険料は安く、リスクの高い契約者の保険料はそれ相応にしようという考え方です。たとえば事故歴のある契約者と事故歴のない契約者とでは、今後事故を起こす確率は前者のほうが高いと思いませんか。事故率が高いと思われる契約者には保険料を支払わなければいけない確率が高いのですから、それ相応の保険料を負担してもらわなければ会社が損をしてしまうことになりますね。会社...