代理店型自動車保険の特徴を見てみましょう

代理店型自動車保険の特徴は、
何と言っても対面でアドバイスを受けられることです。

 

今人気なのは通販型自動車保険です。

 

通販型自動車保険は、代理店を介さず直接取引ができるため中間マージンが発生せず、
その分保険料が安く設定されているというところが一番の理由と言ってよいでしょう。

 

通販型自動車保険はダイレクト型自動車保険とも言います。

 

人の顔を見ずに契約できてしまうため、
一種の煩わしさがないのもまた理由のひとつかもしれません。

 

しかし対面でアドバイスが受けられる代理店型自動車保険
また人によってはメリットがあります。

 

高齢者などインターネットに慣れていない人や、
保険のことは良くわからない、誰かと相談しながら決めたいという場合は
代理店型自動車保険がおすすめだと言えます。

 

担当者のアドバイスを受けながら自分にぴったりの
自動車保険を選んでいくと良いでしょう。

 

自分ひとりではなかなか難しい契約も、
プロの手に委ねてしまえばスムーズです。

 

またもし事故が起きてしまったら、
パニックになってしまうかもしれませんね。

 

しかしそんな時取扱いの代理店に連絡さえすれば、
担当者にアドバイスをもらうことができるでしょう。

 

代理店型自動車保険

代理店型自動車保険の特徴関連ページ

通販型自動車保険とは
通販型自動車保険は、近年登場した新しいかたちの自動車保険です。有名なものでは、ソニー損保の自動車保険です。
通販型自動車保険の特徴
通販型自動車保険は従来からある自動車保険と最も違うのは、販売形式です。代理店を介さずに直接取引するのが主流であります。
通販型自動車保険のメリット
通販型自動車保険のメリットは一番は保険料が安いということです。安いだけでなくロードサービスなども充実しています。
ダイレクト型自動車保険とは
通販型自動車保険は、代理店を介さずに直接損保会社と取引するのでダイレクト型自動車保険と同じことになります。
自動車保険のリスク細分型を知る
通販型自動車保険は保険料を安くなっている一つの要因として自動車保険のリスク細分型というシステムがあります。。