ダイレクト型自動車保険と通販型自動車保険

ダイレクト型自動車保険とは、
代理店を介さずに保険会社と直接取引して契約できるタイプの
自動車保険
のことです。

 

従来自動車保険というのは代理店を介して契約するものでした。

 

ところが間に代理店をはさむことにより、
保険会社は代理店に手数料を払わなければいけなくなります。

 

その結果保険料の金額にはこの手数料が上乗せされているのです。

 

代理店がなければこの手数料分はカットすることができますよね。

 

そのためダイレクト型自動車保険は保険料が安く設定されています。

 

またダイレクト型自動車保険の契約方法は、
インターネットや電話で行うことが一般的です。

 

そのため保険会社は必ずしも実店舗をもつ必要がありません。実

 

店舗をもたないということは、その管理費もかからないということなので、
さらに保険料に還元できます。

 

このような契約方法から、
ダイレクト型自動車保険は通販型自動車保険と呼ばれることもあります。

 

インターネットを使えば24時間いつでも好きな時に申し込みや資料請求をすることができますし、
インターネットに接続できる機器さえもっていればどこからでも通信することができます。

 

今の時代にとてもマッチしていますよね。

 

ダイレクト型自動車保険

 

ダイレクト型自動車保険

ダイレクト型自動車保険とは関連ページ

通販型自動車保険とは
通販型自動車保険は、近年登場した新しいかたちの自動車保険です。有名なものでは、ソニー損保の自動車保険です。
通販型自動車保険の特徴
通販型自動車保険は従来からある自動車保険と最も違うのは、販売形式です。代理店を介さずに直接取引するのが主流であります。
通販型自動車保険のメリット
通販型自動車保険のメリットは一番は保険料が安いということです。安いだけでなくロードサービスなども充実しています。
代理店型自動車保険の特徴
通販型自動車保険は、代理店を通さないで契約する自動車保険。そして従来型の代理店を通して契約する自動車保険が代理店型の自動車保険です。
自動車保険のリスク細分型を知る
通販型自動車保険は保険料を安くなっている一つの要因として自動車保険のリスク細分型というシステムがあります。。