自動車保険のリスク細分型

自動車保険のリスク細分型は、リスクの少ない契約者の保険料は安く、
リスクの高い契約者の保険料はそれ相応にしようという考え方です。

 

たとえば事故歴のある契約者と事故歴のない契約者とでは、
今後事故を起こす確率は前者のほうが高いと思いませんか。

 

事故率が高いと思われる契約者には
保険料を支払わなければいけない確率が高いのですから、
それ相応の保険料を負担してもらわなければ会社が損をしてしまうことになりますね。

 

会社としては事故を起こす可能性が少ない人に契約してもらいたいものです。

 

それに一役かうのがこのリスク細分型という考え方なのですね。

 

このリスク細分型が導入されたことにより、
いわゆる優良ドライバーの方々は保険料を安くすることが可能になったと思います。

 

従来型の保険よりも3、4割も安くなったという方も実際にいるほどです。

 

これはかなり画期的ですよね。

 

会社にとっても契約者にとってもメリットのある方式ですから、
リスク要因に関しても以前より細分化されるようになりました。

 

もし興味があるようでしたら一度保険料を比較してみると良いと思います。

 

自動車保険リスク細分型

自動車保険のリスク細分型を知る関連ページ

通販型自動車保険とは
通販型自動車保険は、近年登場した新しいかたちの自動車保険です。有名なものでは、ソニー損保の自動車保険です。
通販型自動車保険の特徴
通販型自動車保険は従来からある自動車保険と最も違うのは、販売形式です。代理店を介さずに直接取引するのが主流であります。
通販型自動車保険のメリット
通販型自動車保険のメリットは一番は保険料が安いということです。安いだけでなくロードサービスなども充実しています。
ダイレクト型自動車保険とは
通販型自動車保険は、代理店を介さずに直接損保会社と取引するのでダイレクト型自動車保険と同じことになります。
代理店型自動車保険の特徴
通販型自動車保険は、代理店を通さないで契約する自動車保険。そして従来型の代理店を通して契約する自動車保険が代理店型の自動車保険です。