通販型自動車保険とは

通販型自動車保険とは、近年登場した新しいタイプの自動車保険です。

 

新しいのは内容ではなく、販売方法です。

 

これまで自動車保険と言えば、ディーラーや保険代理店などを介して販売されるのが一般的でした。

 

しかし通販型自動車保険は、保険会社と契約者が直接取引をする形になるのです。

 

ディーラーなどを介さずダイレクトに取引が行えるので、ダイレクト保険と呼ばれることもあります。

 

通販型自動車保険は安いことで有名ですが、安さの秘密が前述の販売方法にあるのです。

 

自動車保険の保険料には、付加保険料というものが含まれています。

 

付加保険料とは、広告費や人件費など会社の運営のために使われるものです。

 

付加保険料には代理店手数料や店舗経費なども含まれます。

 

通販型自動車保険は電話やインターネットで契約を行いますし、
必ずしも店舗をもつ必要はありません。

 

また前述のとおり代理店を介することもありません。

 

そのためこの付加保険料を抑えることができ、結果保険料を安くできるというわけです。

 

24時間申し込みができて、なおかつ安い。

 

通販型自動車保険にはメリットがたくさんあります。

通販型自動車保険とは関連ページ

通販型自動車保険の特徴
通販型自動車保険は従来からある自動車保険と最も違うのは、販売形式です。代理店を介さずに直接取引するのが主流であります。
通販型自動車保険のメリット
通販型自動車保険のメリットは一番は保険料が安いということです。安いだけでなくロードサービスなども充実しています。
ダイレクト型自動車保険とは
通販型自動車保険は、代理店を介さずに直接損保会社と取引するのでダイレクト型自動車保険と同じことになります。
代理店型自動車保険の特徴
通販型自動車保険は、代理店を通さないで契約する自動車保険。そして従来型の代理店を通して契約する自動車保険が代理店型の自動車保険です。
自動車保険のリスク細分型を知る
通販型自動車保険は保険料を安くなっている一つの要因として自動車保険のリスク細分型というシステムがあります。。