自動車保険の見直しと節約しましょう

自動車保険の見直しと節約には、
事故の確率を低くするようにすることが大前提です。

 

昨今の自動車保険はリスク細分型といって事故を起こす可能性が
低くなればなるほど保険料を安くする方式がとられていることがほとんどです。

 

保険会社もお金を払う確率が低い人に契約してほしいですし、
契約者も安い保険料で契約したい、どちらにもメリットのある方式です。

 

では具体的にどうするかというと、
運転する人の年齢を限定するのがひとつの方法です。

 

自動車保険には年齢区分があります。

 

可能な範囲で事故発生確率が低いと
設定されている年齢に限定してしまうと良いでしょう。

 

運転者を限定するのも良い方法です。

 

限定すればするほど事故発生確率が低いと判断されます。

 

ちなみに私は本人と配偶者のみの限定にしています。

 

私の車は買い物や送迎など限られた日常の用途のみにしか使わないからです。

 

逆に夫は運転者を限定していません。

 

本人や家族以外の人に運転させる機会が多いからです。

 

また保障タイプを変える方法も節約にはもってこいです。

 

補償が少なくなりますが、あまり運転する機会がないのなら少なくしてもよいでしょう。

 

自動車保険見直し,節約

自動車保険の見直しと節約関連ページ

自動車保険と消費税
自動車保険と消費税の増税は無関係ではありません。値上がりが続く自動車保険であるからこそ安く選ぶことが大切なのです。
自動車保険ランキング
自動車保険には、いろいろランキングが発表されています。顧客満足度のランキングが一番重要なのかもしれません。
自動車保険の無駄を省く
自動車保険は、無駄を省くことにより保険料がぐんと安くなることもあります。実はいらないところにお金をかけている可能性があります。