自動車保険と消費税! 影響はどんなかたちで

2014年に消費税が5%から8%に増税になり、さらに今後2015年10月には10%への増税も予定されています。

 

自動車保険はもともと非課税商品ですので消費税増税は関係ないと思われがちですが、実は消費税増税に伴って自動車保険の保険料の値上げが今後行われる予定になっています。

 

理由としては、確かに自動車保険自体は非課税なのですが、自動車保険会社が自動車保険を給付するときには、消費税増税分をプラスして給付することになります。

 

例えば今まで自動車事故にあい、ドアを破損してしまった場合、その修理代金には5%の消費税を含めた金額になっていましたが、今後は8%の消費税を含めた金額に代わります。つまり、給付金額が消費税増税前と後では高額になることが見込まれています。

 

さらに、自動車保険自体は非課税ですが、代理店への手数料や広告費などの面は消費税が課税されますから、経費があがります。

 

この状態で自動車保険の保険料を据え置いてしまうと、自動車保険会社側としては最悪の場合には損失を発生させてしまうことになります。

 

このような状態を避けるために、自動車保険会社は自動車保険の保険料の値上げを消費税増税のために行うことになるそうです。

 

値上げが増える自動車保険業界ですので、ご自分の保険をいかに安いところに見直すかが重要になります。

 

 

自動車保険の見積もりが最大20社からもらえる自動車保険一括見積もりサイトを利用すればすぐに「見つかります。

 

 

自動車保険,消費税
自動車保険,消費税

自動車保険と消費税関連ページ

自動車保険の見直しと節約
自動車保険は、見直すことにより節約ができるのです。特に代理店型から通販型に変えることにより差額が大きなものになる場合があります。
自動車保険ランキング
自動車保険には、いろいろランキングが発表されています。顧客満足度のランキングが一番重要なのかもしれません。
自動車保険の無駄を省く
自動車保険は、無駄を省くことにより保険料がぐんと安くなることもあります。実はいらないところにお金をかけている可能性があります。