いろいろな自動車保険

自動車保険は、各カテゴリーで違いや特徴があります。

 

女性向けの自動車保険、未成年の自動車保険はどうなのか?

 

はたまた高級車の自動車保険はどのようなものを選ぶのか?

 

など細かいカテゴリーで見ればいろいろな違いが見られます。

自動車保険のカテゴリー記事一覧

世の中には、女性であるがゆえに巻き込まれてしまう犯罪と言うのが残念ながら後を絶ちません。こうした犯罪に備えて、ストーカーや通り魔、ひったくりなどの被害を補償する損害保険も登場し人気を集めています。あまりピンとこない方も多いかと思いますが、自動車事故に関しても、男女の差はゼロではありません。例えば、事故によって顔に怪我を負った場合、受ける精神的なダメージは女性の方が男性よりも大きいことは容易に想像で...

原付免許は16歳から、普通免許は18歳から取得できるにも関わらず、未成年者が単独で任意の自動車保険に加入することは原則としてできません。加入時に親や代理人の同意が必要であったり、万が一事故に遭い補償を請求する場合にも、未成年者では受け付けてもらえない場合があります。そのため多くの方は親名義で加入、もしくは親の保険を組み直すことで未成年ドライバーのリスクをカバーしています。年齢制限を見直す、子供運転...

国で加入が義務付けられている自賠責保険は、輸入車・国産車ともに同額です。同じように、任意保険の保険料も車本体の価格は加味されません。国産車でも輸入車・高級車でも、保険料を決定する基準は同じなのです。例えば、高級車を代表するメルセデスベンツのAクラス。保険料の概算は3〜23万円。補償内容によって上下します。対して国産車の定番車種、トヨタ・プリウスはと言うと、こちらも8〜23万円とベンツAクラスと保険...

近年、自動車開発技術の発展により、車そのものの性能が事故リスクに大きく影響するようになりました。それに伴い、自動車保険も車種別の料率制度を設けています。ドライバー自身の年齢や事故実績、走行距離に加え、運転する車の安全性能に併せて保険料を割引するシステムです。ただ、これはあくまで車の「性能」を重視したシステムであり、車両の価格で上下するものではありません。比較的安価な国産車であれ、ブランドの確立した...

自動車を所有するにあたって、必ず必要なランニングコストとして自賠責保険料と自動車税がありますが、自動車の使用用途がビジネスである商用車は、自動車税・自賠責保険料の割引対象となっています。ただ、任意保険はあくまで事故リスクに併せた保険料になりますので、その限りではありません。一口に商用車と言っても、業種によって車の種類は様々です。営業車のように一般的な乗用車を会社名義で使用しているものもあれば、大型...

通常、自動車保険は車を保有している人が年単位で加入するものです。しかし、運転免許は持っていても、車を持っていない方も少ないくないはず。そういった場合に便利なのが、短期のドライバー保険です。レンタカーを利用したことのある方なら経験があるかと思いますが、車を借りる際には短期保険への加入が必須となっています。こうした短期のドライバー保険は、車ではなくドライバーに掛ける保険なので、加入者がどの車を運転して...