未成年の自動車保険はどうすればいい

原付免許は16歳から、
普通免許は18歳から取得できるにも関わらず、
未成年者が単独で任意の自動車保険に加入することは原則としてできません。

 

加入時に親や代理人の同意が必要であったり、
万が一事故に遭い補償を請求する場合にも、
未成年者では受け付けてもらえない場合があります。

 

そのため多くの方は親名義で加入、
もしくは親の保険を組み直すことで未成年ドライバーのリスクをカバーしています。

 

年齢制限を見直す、子供運転者年齢限定特約を付帯するなど方法は様々ですが、
若年者は事故リスクが高いとみなされますので保険料の値上げは避けられません。

 

未成年者がバイクを運転する場合も同様です。

 

未成年者名義では契約が行えませんので、親の名義で加入するか、
親が自動車保険に加入しているならファミリーバイク特約を利用するのがお得です。

 

いずれにしろ、運転者が増えた場合は必ず保険の見直しを行いましょう。

 

事実、保険料の高さからもわかる通り、
若年者や免許取りたての初心者ドライバーの事故率は驚くほど高い
のです。

 

事故が起こってから保険適応外であったことが分かっても後の祭り。

 

保険に穴がないか、よく確認しましょう。

 

ただし、未成年であっても条件によっては単独で加入が可能な場合もあります。
詳しくは、保険会社へ問い合わせてみてください。

 

未成年の自動車保険

 

未成年の自動車保険

未成年の自動車保険関連ページ

女性向けの自動車保険
女性向けの自動車保険は、女性だから弱い立場になりがちな部分を考えた女性向けの自動車保険があります。
輸入車の自動車保険
輸入車の自動車保険はどういったものがいいのでしょうか。近年では、メルセデスベンツやBMWやアウディやフォルクスワーゲンは、国産のように増えました。
高級車の自動車保険の特徴
高級車の自動車保険は、一般的な車の自動車保険と比べてどのような違いがあるのか説明しています。
商用車の自動車保険
仕事に大活躍の商用車。その商用車が加入する自動車保険の条件はどのようものを網羅していればいいのでしょうか。
自動車保険の短期
自動車保険の短期についての加入はどのようになっているのでしょうか。ドライバーズ保険が便利です。