輸入車の自動車保険の特徴

国で加入が義務付けられている自賠責保険は、輸入車・国産車ともに同額です。

 

同じように、任意保険の保険料も車本体の価格は加味されません。
国産車でも輸入車・高級車でも、保険料を決定する基準は同じなのです。

 

例えば、高級車を代表するメルセデスベンツのAクラス。
保険料の概算は3〜23万円。補償内容によって上下します。

 

対して国産車の定番車種、トヨタ・プリウスはと言うと、こちらも8〜23万円とベンツAクラスと保険料に大きな差はありません。

 

保険料の金額だけみれば、国産のホンダ・ステップワゴンの方が6〜30万円とよほど高くなります。

 

保険料を決めるのはドライバーの条件と車両率クラス、つまり車本体が持つ安全性能です。

 

高級車でも事故リスクが高ければ保険料は上がりますし、国産車でも最新の安全装置が搭載されていれば割引を受けることができます。

 

高級車の自動車保険で注意しておきたいのは、車両保険の適応額です。

 

高級車は、ちょっとした修理にもお金が掛かるもの。

 

事故の際はもちろん、いたずらや車上荒らしに遭う確率も国産車に比べ高いと言えます。

 

被害者側への賠償は当然必要としても、車両保険の充実は欠かせないポイントとなるでしょう。

 

輸入車,自動車保険

輸入車の自動車保険関連ページ

女性向けの自動車保険
女性向けの自動車保険は、女性だから弱い立場になりがちな部分を考えた女性向けの自動車保険があります。
未成年の自動車保険
未成年の自動車保険は、親の自動車保険を見直して使用するのが一番無難な方法です。未成年者が単独で入ることもできます。
高級車の自動車保険の特徴
高級車の自動車保険は、一般的な車の自動車保険と比べてどのような違いがあるのか説明しています。
商用車の自動車保険
仕事に大活躍の商用車。その商用車が加入する自動車保険の条件はどのようものを網羅していればいいのでしょうか。
自動車保険の短期
自動車保険の短期についての加入はどのようになっているのでしょうか。ドライバーズ保険が便利です。